韓国で大人気のダイエットサプリカロバイプラス
本気のダイエットサプリ。カロバイプラス
HOME | 白いんげん豆

カロバイ+の白いんげん豆の効果とは?

カロバイや「なかったコトに!」に含まれる白インゲン豆は日本では和菓子や白あんなどに使われている豆です。
 
和菓子に必要な成分なのですが、しかしこの白インゲン豆にダイエット効果があるとして最近かなり注目が集まり活発に商品化されています。
 
白いんげん豆の研究が進められ多くのダイエット効果に有効だということがわかったのです。
 
そんな白いんげんの取り方やどういった効果があるのかそれから副作用についてご説明していきます。
 

白いんげん豆とは一体何なのか。

白いんげん豆とはどこの特定の種類の豆のことではありません。

何か決まった種類の豆ではないのです。
 
白色を呈する種類の豆のことであり、日本では白金時豆や大福豆などがあります。

食物繊維やタンパク質カルシウムや鉄などが豊富ということが明らかになりました。
 
脂肪分も少ないため世界中で煮込み料理屋サラダに取り入れられて食べられるようになっていきました。
 

白いんげん豆のダイエット効果は一体どういったものがあるのか。

白インゲン豆は、ほぼフォセラミンという成分が含まれていて、消化酵素のアルファアミラーゼの働きを阻害する作用があると考えられています。
 
日本人がよく食べるお米、うどんやパン、パスタやラーメンなどの炭水化物にでんぷん質が多く含まれていますが、このでんぷん質があるファミレスによってブドウ糖に分解されて、小腸で吸収されて血液で運ばれます。
 
アルファアミラーゼのおかげで炭水化物がブドウ糖に分解されるのです。
 
しかし、血液にブドウ糖がたくさん運ばれた場合、血糖値が上がってしまいます。
 
ある程度あがってしまうと上がりすぎないようにインシュリンというホルモンが分泌されることによってブドウ糖を中性脂肪に変えるのです。
 
中性脂肪に変わってしまうとエネルギーとして使われず、中性脂肪となってお腹が大きくなってしまいます。
 
それによって太っていってしまうという可能性があります。
 
白いんげん豆のフォセオラミンがアルファーミラージュの働きを阻害するためブドウ糖に簡単に分解できなくなります。
 
小腸でも吸収されなくなって、大腸に運ばれて体脂肪がつかなくなるのです。
 
フォセオリンがあればアルファアミラーゼがブドウ糖にどんどん分解していかないので、小腸で吸収されにくくなるためそのまま大腸に運ばれて体脂肪とならないのです。
 
元々主食が炭水化物の日本人にとってはどうしてもそれによって体脂肪がつきやすいため、フォトセオリンによるダイエット効果が期待できます。
 

便秘解消もあるのが白いんげん豆。

白いんげん豆のフォセオリンによって分解されなかった糖質が小腸で吸収されずそのまま腸に届いて大便になっていくため、糖質は腸内の善玉菌の主食となって腸内環境を整えるのです。
 
腸内環境が整えば、便秘を解消するという効果が見込まれるわけです。
 
白インゲン豆のフォセオリンによって分解されなければ大腸まで進んでいってしまうので、それによって糞便が出やすくなるのです。
 
便秘が長引いてしまった時、お腹にたまった便がお腹周りの血管やリンパ腺は圧迫されて下半身の代謝が落ち、便秘のせいでお腹に便がたまって血管やリンパ管が機能しなくなってしまうため、代謝が落ちてしまうので、その代謝が落ちればふくや冷えなどを引き起こします。
 
代謝が活発になれば浮腫や冷え性は起こりません。
 
代謝が落ちてしまうと脂肪が変わりやすくなってしまうので、便秘もしっかり解除しておくことが健康面でも大切なのです。
 
その点で白いんげん豆は小腸で吸収されずすぐに体調に進んでいきますので便秘解消にもなりやはりその点でもよいことがあると言えます。
 

白いんげん豆の副作用とはいったいあるのかないのか。

白いんげん豆に含まれる「レクチン」というタンパク質は、実はあまり良い性質はありません。
 
レクチンというタンパク質は激しい下痢や腹痛喉の臭いをもたらす可能性がゼロとは言い切れないのです。

ですが食品に火をしっかり通すことで毒性を消すことが可能です。
 
確かにあまり毒性があってよくないというのですが、熱などに弱いため茹でたり煮込んだりすると食べられるようになるのです。
 
白インゲン豆を生で食べないようにするのは、このレクチンの作用があるため避けた方が良く、激しい下痢や腹痛の原因となってしまうのです。
 
白いんげん豆をカロバイプラスサプリなどで摂取する場合はきちんと処理されているからあまり心配ありませんが、生で食べると良くありません。
 
摂りすぎると血糖値が下がり過ぎてしまって頭痛や倦怠感のみならず、めまいやふらつきや低血糖の症状などが出ることもゼロとは言い切れません。
 
レクチンは血糖値を下げる力はあるのですが下げすぎてしまって頭痛などの原因となりうるのです。
 
なので過剰摂取は控えた方が良いのであり、炭水化物をもともと少ない人はあまり使いすぎない方が良いでしょう。
 
何事も限度が肝心で過剰摂取すればダイエットしたいあまりにそういう気持ちにもなりますが、あまり取りすぎはやめましょう。